メンテナンス(日本語)

サックスモニカのメンテナンス

サックスモニカはとても丈夫ですが、全ての楽器と同様に、手入れがとても大事になります。まず、水を流して綺麗にしましょう。

場合によっては、銅周りのテープを交換しないと行けない場合もあります。

75mmの絶縁テープを使用してください。使い方にもよりますが、目安として、6ヶ月ほど持ちます。

マウスピースとリードが常に清潔であるかどうかを確認してください。リードは振動して音を鳴らすため、乾燥していると吹きにくくなります。清潔でかつ、潤ったリードがパフォーマンスのキーとなります。

私は、バンドレーンの2.5から3か、リコロイヤルの2.5から3を使用します。使用頻度が多い場合は大体3ヶ月持ちます。すごいリードを使用することもありますが、メンテナンスはしっかりと丁寧に行わないといけません。

YouTubeのガレージバンドチュートリアルより、マイクとの接続方法をご覧ください。私がヘッドフォンを使用しているときは、ガレージバンドを使用している時です。

リバーブやエコーなどを簡単に追加し、最高のスタジオサックスサウンドを体験しよう。

このスキルは、他の楽器でも使用することができるので覚えていて損はありません。

Quistoramaでは、ジャムの際に便利で最高のバックトラックがあります。有料と無料の両方のトラックがあるのでぜひ一度ご覧ください。

https://quistorama.com

https://www.karaoke-version.com

サックスモニカで演奏できる何千もの人気の曲をご覧いただけます。

例:ボーカル及び歌のセクションを消して、キーを変更します。方法は無限大で、様々な楽曲をお楽しみください。

なお、これらの音楽はダウンロードいただけますので、ガレージバンドや他のアプリでも使用いただけます。

サックスモニカの上達につながることを願っています。

一生懸命に演奏しよう!